プロモーションビデオ

Contents

映像関係

ビデオ撮影

用語

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクは、ご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

映像の種類2

前ページでは、プロモーション映像のことを主として話していましたが、今度はその他の映像の使われ方を紹介します。

映像の活用

映像は、視覚に訴えることで、話を聞くだけよりもさらにイメージを伝えやすいのが特徴です。特に映像で有名なのは、テレビ番組でしょうが、そのほかにも映像はいろんな所で活用されています。
携帯の画面やパソコンだってそうです。
それではその他にも私たちの身のまわりにはどのような映像があるのか見ていきましょう。
 >> ホームシアター

番組

番組の場合は決められた時間内で、その時間帯の視聴者がどのような商品を望んでいるかを考えて商品を紹介しなければなりません。また時間が限られているので、売れない商品よりも、売れる商品の紹介に時間をかけて行うことが普通だとされています。テレビショッピングの場合は、商品のアピールだけではなく、おまけをつけることも多いのですが、もちろんおまけが無くても出品できます。

ジャパネットたかたや日本文化センターなどを始めとして、いろいろなテレビショッピングもありますが、顧客のニーズを呼んでの紹介を行うことが重要になります。そのため、どんな物を売るかをじっくり考えなければなりません。

CM

CM制作を考える顧客のほとんどは、会社のPRや商品の販売を目的としているようです。しかし、CMの平均的な長さは15秒、長いもので30秒です。そのため、その商品を詳しく説明することができません。そこで、基本的にその商品のいい所を紹介する場合とキャッチフレーズなどを紹介する場合、使用している場面などを映像として放送することが多いです。いい所を紹介しているのは、サロンパスなどのCM、キャッチフレーズはチキンラーメンなど、Wiiは使用している状況を紹介しています。

CM制作では、時間が短いので、そのCMを覚えてもらうことが重要です。ソフトバンクのお父さん犬などは、その方法を取って有名になっています。そのため、CMでは、演出の力が大事になります。

Web用動画

企業のHPでは、動画やFlashを利用しているサイトが多くあります。企業のサイトのクリエイトを上げるためという考えもあるのですが、商品のPRや社長のあいさつなどは、文章よりも映像の方が伝わりやすいのは言うまでもないでしょう。そのためには、映像の撮影や編集などが必要となります。映像制作会社では、そういった要望を答えてくれる会社も多く存在しますので、検討してみてはどうでしょう。

ただし、映像再生ソフトが無い(最新版ではない)パソコンをユーザーが使用していた場合には、見ることができないことも考えられますので、要約した文章なども必要になってくるはずです。その辺も考慮した検討を行ってください。

eラーニング

インターネットの普及により、eラーニングも増えてきました。そのため、比例するように、eラーニングでも映像の要求が増えているようです。しかし、eラーニングの場合は、Web上で行い、かつ、シナリオなどの都合によって、Web用動画よりも多くの技術を必要とします。Webディレクター、映像ディレクター、 CGデザイナー、FLASHアニメーター、プログラマーなどなどの人たちが必要になります。

こういった技術者が必要になることを考慮して、映像を考えなければなりません。自社にいなければ外注する必要もありますので、その辺を考えて行いましょう。ただし、1枚が作れたら、後はプレスすればいいので、永続的に使用する場合には、結果的に安く上がりになることも考えられます。

注目サイト

最終更新日:2015/1/22

映像の種類1>映像の種類2

▲Top