プロモーションビデオ

Contents

映像関係

ビデオ撮影

用語

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクは、ご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

制作の流れ

プロモーションビデオ制作を頼む際には、まず大前提として、行わなければならない事があるのを知っているでしょうか?

始めに

制作の最初に行わなければならない事は、打ち合わせでも、目的の確認でもなく、「本当に必要なのか」を考えることです。プロモーションビデオは撮影やその手間、編集、演出などが多いので、当然制作にも費用が多くなります。そのため、現在のような不況でなくても、絶対に必要と言うわけではないのなら、また、あったとしても変化が期待できないのでしたら、制作を頼む必要はないのです。

以上を踏まえた上で必要になるのなら、初めて制作会社に依頼を行うことになります。制作には、いろいろな工程があります。その流れを紹介します。

打ち合わせ

まず、どのようなプロモーションビデオを作るのかなどを始めとする、プロモーションビデオの内容や要望を伝えます。どんなプロモーションビデオにしても、何を目的としているかなどによって、宣伝効果やアピールポイントの焦点が合っていないと、効果の高いプロモーションビデオは作る事ができません。また、イメージにしてもある程度の具体性がないと、制作会社も困ります。イメージが「0」から作るのは、どうしても難しいのです。

企画・台本

受け取ったイメージを作るために企画と台本を作っていきます。イメージをさらに具体的にしていくのです。企画・台本が完成すれば、それを依頼主にチェックしてもらい、場合によっては修正やカット、追加を行って作成し、完成させます。台本が完成したら、作成に必要なスタッフと予想日数、金額などを始めとした、提示を行い、依頼主がそれにOKしてくれれば、作成を始めることができます。

撮影準備

撮影に必要なスタッフを呼び寄せ、さらに撮影場所の選択、必要機材を揃え、撮影方法の決定などを行います。さらに、出演者のスケジュールと撮影のスケジュールの調整を行い、無理が生じない日程を作ります。場合によっては、その場所の使用許可を取る必要が出て来たり、天気などのために撮影日を変更することも必要になるかもしれませんので、余裕が生まれるような日程を作る必要が出てくるでしょう。

撮影

現地やスタジオでの撮影を開始します。そのときは、イメージのズレを出さないように、依頼主にも立ち会ってもらうのが一般的です。そのほうが、取り直しの回数が減るためです。もちろん台本に沿って撮影していくのですが、場合によっては演出が必要な場合もありますので、どこにどのような演出を入れるかも考えながら、撮影していきますが、依頼主の希望によって、演出を帰ることもあります。

編集・MA

撮影した映像を編集していきます。この場合、PCに取り込んで編集する場合と、そうでない場合がありますが、コスト削減のために、PCに取り込むことが多いようです。PCに取り込んだ場合、ノンリニア編集によって編集を行い、仮編集の物を確認してもらい、OKが出たら本編集を行います。このときに、テロップやCGなども入れていきます。その後、MAでBGMや効果音、ナレーションなどを入れていきます。

納品

完成したら、基本的にはDVD-Rに保存して、納品されると思いますが、場合によってVHSやCD-R、BD(ブルーレイディスク)に保存してくれるはずです。配布する場合には、プレスを頼んでください。無料は無理だと思いますが、おそらく割安で行ってくれると思います。以上で全ての工程が終了します。

Valuable information

ハローワーク

https://www.hellowork.go.jp/

2015/1/22 更新

▲Top