プロモーションビデオ

Contents

映像関係

ビデオ撮影

用語

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクは、ご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

プロモーションビデオ

あなたもプロモーションビデオは見たことあると思います。同様に商品の販売促進のために作られる作品の1つです。

プロモーションビデオについて

プロモーションビデオは、和製英語で、販売促進という意味のプロモーション(promotion)と映像と言う意味のビデオ(video)を合わせた言葉です。意味的には「販売促進用映像」となると思います。このプロモーションビデオの使われ方で、一般的なのは、音楽CDのプロモーションビデオが多いと思いますが、「プロモーションビデオ」の目的は、販売促進という事になりますので、音楽用CDだけにはとどまりません。

現在の日本では、プロモーションビデオはCDでは無く、DVDでの販売が主になっています。DVDはDVDプレーヤーだけでなく、パソコンやPS2でも再生できるので、一般的に使われることが多くなっているようです。今後、ブルーレイディスクを再生できるブルーレイディスク対応のレコーダー、PS3などが増えてきていますので、しばらくすれば、DVDでの販売が無くなり、ブルーレイディスクでの販売が普通になるかもしれません。

しかし、日本国内や海外でも、このプロモーションビデオの盗作、つまりパクリと言われている場合が数多く見られます。有名なのが、少し前に日本でも、ニュースにもなりました韓国の「Temptation of Sonata(誘惑のソナタ)」と「FFVII AC(ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン)」です。映像を見た限り、管理人の意見では、そのまんまでした。韓国の所属事務所は、盗作ではないと言っていたそうですが、登場人物の容貌や服装、画面構成と編集、演出までそのまんま。結果放送禁止になっています。

ここまで、露骨な盗作は稀で、アイディアや演出が何を基準として、盗作とするのかパロディーになるのかが明確に決まっていませんので、プロモーションビデオではこういった、著作権違法だとされるケースが数多くあります。海外では、ミュージック・ビデオ「アイム・グラッド」は、映画「フラッシュダンス」などの例もあります。

この言い訳として、「オマージュ(敬意)」、「インスパイア(鼓舞)」、「リスペクト(敬意)」、「パロディ(模倣)」などなど、同様の模倣を正当であるかのように装う言葉は多数ありますが、こう言われると、著作権法違反として裁くことができるかどうかという問題が出てきます。上記のような「Temptation of Sonata(誘惑のソナタ)」と「FFVII AC(ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン)」ぐらいならともかく、ちょっとだけという場合は立件が難しいのも事実なのです。

日本のプロモーションビデオ

日本では、このプロモーションビデオは、主に顧客に興味を持たせ、足を止めてもらう事、そして買ってもらうことを目的として使用されています。また、商品や会社の説明会などでも使用されることもあります。プロモーションの本来の意味である、販売促進から少し放れている、会社の説明会で使用される場合にも、プロモーションビデオ(または、プロモーション映像など)と呼ばれていることが多いようです。

そのため、企業からのプロモーションビデオ制作を請負う会社も増え始めているようです。人は、外部の情報は、主に目や耳から判断することが多いので。この映像という形での訴えは有効だと言えるでしょう。しかし、何を目的としているかをハッキリさせていないと、その効果も半減以下となってしまうことを忘れないようにしなければなりません。あなたの会社が制作するプロモーションビデオの目的はなんですか?

おすすめWEBサイト 5選

医学部の受験をお考えでしたら、ご相談ください。

医学部 受験

安心して任せることができるピアノ買取業者です。

ピアノを高値で売る

金沢で金箔貼り体験を行えます!個人様は勿論、団体様のご予約も承っています!

金沢で金箔体験

2018/1/23 更新

▲Top